×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コリアンダー パクチーの料理をご存知でしょうか。
コリアンダー パクチーの料理について詳しく紹介します。

コリアンダー パクチーの料理

 コリアンダー パクチーって?

コリアンダー パクチーって?
最近、コリアンダー パクチーという名前を聞くようになってきました。でもコリアンダー パクチーが何のことだか分からずにいる人が多いのではないでしょうか。

コリアンダーとは、セリ科の一年草。和名はコエンドロ。俗に中国パセリとも呼ばれることがあるが、パセリとは別の植物である。ところでコリアンダー パクチーのパクチーとはタイ語でコリアンダーのことです。

つまりコリアンダー パクチーとは「コリアンダー コリアンダー」とか「パクチー パクチー」と重ねて言っているわけですが、日本では全く気にせずにコリアンダー パクチーと呼んでいる人がいますね。別にコリアンダー パクチーと言っても問題が起きることはないでしょうね。

コリアンダー パクチー地中海東部が原産で、ギリシャ語のKoriandronを語源としている。高さ80cm程度で、葉、茎、果実には特有の芳香があり、香辛料として用いられる。熟した果実にはレモンにも似た香りがある。(このレモンに似た香りというのがコリアンダー パクチーの曲者なのですが)

コリアンダー パクチー葉は主に東南アジアから東アジアで薬味として利用されるが、独特の風味があるため、コリアンダー パクチー人によって好き嫌いが大きく分かれ、その風味を嫌う人にカメムシのような風味であると評される。

 さまざまな地域で料理に用いられている。

さまざまな地域で料理に用いられている。
コリアンダー パクチーは、中国では香菜(中国語 シアンツァイ)、芫荽(広東語 ユーンスイ)などと呼ばれ、スープ、麺類、粥、鍋料理などの風味付けに利用される他、東北地方には「老虎菜」(ラオフーツァイ)というキュウリ、ピーマンと共にコリアンダー パクチーサラダの様に生食する郷土料理もある。

コリアンダー パクチータイではパクチーと呼ばれ、トムヤムクンなどのスープをはじめとしたさまざまな料理に用いられる。ベトナムではザウムイ(rau mùi)と呼ばれ、本場の生春巻きやフォーにコリアンダー パクチー欠かせない食材となっている。

コリアンダー パクチー中南米ではシラントロ(cilantro)と呼ばれ、スープやサルサなどに広く用いられる。コリアンダー パクチーポルトガルではコエントロ(coentro)と呼ばれ、魚介類と野菜を主な材料とする鍋料理であるカタプラーナなどの郷土料理によく用いられる。ポルトガル料理の味を特徴づける重要な食材である。

コリアンダー パクチー食用以外では、カニやエビを食べた後に手を洗うフィンガーボールに入れて、臭い消しにする例がある。

コリアンダー パクチー葉の香り成分はドクダミやオールスパイスにも含まれるモノテルペン類のセルミン C10H16、デカナールである。このコリアンダー パクチー成分は乾燥に弱いため、乾燥コリアンダーリーフとして売られている商品には独特の香りはなく、生葉の代用品にはならない。

 コリアンダー パクチー果実

コリアンダー パクチー果実
コリアンダー パクチー乾燥コリアンダーシードヨーロッパやインドでは香辛料としての果実(種)の利用も盛んである。乾燥したコリアンダー パクチーの果実はコリアンダーシードなどとも呼ばれ、これをすりつぶした粉末は柑橘類、特にオレンジのような香りを漂わせ、カレーなどに用いられる。果実の匂いの主な成分は葉の臭い成分とは異なり、モノテルペン類のd-リナロール C10H18O である。 ミルクに紅茶と共に入れて煮るとおいしい。ウォッカやジンに漬け込み、果実酒とすることも出来る。

コリアンダー パクチータイ料理やインド料理、ベトナム料理などアジア料理全般に広く用いられる食材である。日本料理には用いられることが少ないため、日本国内ではスーパーマーケットやデパートの地下食品売り場や大型食材店でも入手は困難であった。しかし近年のエスニック料理ブームによって生のコリアンダー パクチーの需要が増加し、日本国内でもコリアンダー パクチー入手しやすくなった。また、家庭のプランターなどでコリアンダー パクチー栽培するのも難しくない。

デトックス
コリアンダー パクチーは、「炎症を緩和する」、「気分を落ち着ける」、「体内の毒素を排泄する」等と言われているが、ヒトでの有効性に科学的で信頼のできる充分なデータは無い。

コリアンダー パクチーは、中国では「香菜」、英語では「コリアンダー」といいます。消化を助け食中毒や二日酔いの予防に効果があるといわれています。あえ物やスープに添えたり鍋物の薬味に用いられますが、葉より根のほうが香りが強く、タイ料理では根のほうを多く用います。





Copyright (C) 2008 コリアンダー パクチーの料理 All Rights Reserved.